会長挨拶

「オハイエ!」ってなんですか?とよく尋ねられますが、「オハヨー!」「イエーツ!」と言う仙台で生まれた造語で、元気の出る言葉です。又「オハイエ!」とは2006年に開催されたとっておきの音楽祭SENDAIの感動のドキュメンタリー映画の題でもあり、そのテーマソングも「オハイエ!」です。

この映画のエクゼクティブプロデューサーであり、とっておきの音楽祭第1回開催時の宮城県知事であった浅野史郎さんからその上映会をスペシャル・オリンピックス発祥の地熊本で開催して欲しいとの要望を受け、2008年7月に開催しました。その映画を見た仲間の感動が、民間団体「オハイエくまもと」を2009年4月25日にたちあげ、熊本でもこの音楽祭をやりたい!と「第一回とっておきの音楽祭」を2010年3月28日に開催することになったのです。
特別顧問の浅野さんからは「火の国に熱い人たちがいて,仙台からの飛び火が燃え上がり、街は愉快な一日になるだろう」とエールをいただきました!

会場はホールだけではなく、桜満開の頃、野外やストリートで、アーケード街にはグランドピアノを置き、熊本交通センターコートの舞台など屋外5会場は、予想以上の盛り上がりでした。通りがかりの人も巻き込んで、笑顔、歓声を身近かに感じられて感動でした。そこでは障がいの有無に関わらず、それぞれの個性が輝いて「みんなちがってみんないい」そんな社会が実現しそうな気がしました。
つまりルーツは、2001年宮城県仙台市で、東北各地でも開催されるようになり、今年は仙台では震災後の6月5日に復興を願って感動の第11回とっておきの音楽祭が開催されました。

「オハイエくまもと」では日ごろは知的障がいのある人たちへ贈呈して頂いた楽器などで音楽やダンスを指導していて、オハイエ音楽隊が生まれました。指導者、ファミリーもボランティアも一緒に和やかな時間が流れ、笑顔があふれています。その発表の場でもある「第一回オハイエくまもと とっておきの音楽祭」は障がいのある人もない人も一緒に音楽を楽しみながら「心のバリアフリー」を目指そうという市民運動です。西日本で初めて熊本市の中心街6カ所で多くの人に支えられて59団体約700人の参加で開催しました。

また第2回は2011年3月11日東日本大震災直後で開催を迷いましたが、多くの市民に支えられているこの草の根活動の音楽祭は3月27日に、チャリティーとして開催し、多くの募金を頂きました。その募金は津波被害を受けた気仙沼の小中学に楽器を贈り、発祥の仙台とっておきの音楽祭開催資金支援などに使わせて頂きました。多くの支援して下さった方々に感謝します。今後もこの活動を継続するために、どうぞご支援頂きますようにお願い申しあげます。音楽祭も今年の3月で第4回を迎え、市内9ケ所で約100団体の参加で開催致しました。2014年も3月に開催予定です。多くの皆様のご参加をお待ち致しております。

                                                                                                                                                                     NPO法人 代表  入部 祥子